大野克夫さんをちょっとだけ語る

1939年9月12日、京都生れ。
京都・大阪のジャズ喫茶を中心に、スチールギター奏者としてデビュー。
‘62年、ザ・スパイダースのメンバーとなり、10年間活躍する。

解散後、沢田研二、萩原健一等と共にPYG(ピッグ)を結成。
その後、井上堯之バンドに参加し、解散後大野克夫バンドを結成。

作曲家としては、沢田研二に「時の過ぎゆくままに」 「勝手にしやがれ」等のヒット曲を提供、
特に'77年「勝手にしやがれ」は、レコード大賞・歌謡大賞他、各賞を受賞。

また、TVドラマのサントラ盤でも「太陽にほえろ!」 「傷だらけの天使」など数多くを手掛け、
'96年スタートの人気アニメ「名探偵コナン」の音楽も担当するなど幅広いジャンルで活躍している。

興味のある方はどうぞ
大野克夫氏インタビュー記事

σ(○'ω'○)は「太陽にほえろ!」(テキサス刑事の頃)からのファンなので、
かれこれファン歴30年・・・かな

昔のグループ・サウンドで、今も現役で活躍してて、
新しい音楽で売れてる人は大野さんだけでしょう
たぶん
スポンサーサイト

コメント

勝手にしやがれの
レコード持ってる。(^_^)
よく聴いたなぁ。
あの出だしのところは一度聴いたら忘れられないよね。(^_^)

たしかに、今でも大野克夫さんの名前はよく見るね。(^_^)
コナン見てたら特に。笑
[壁]_ ・)チラッ
名探偵コナン、毎週見よるよ☆

大野克夫さんって方だったんですね(*^_^*)

あちきのおとんとほぼ同世代や^^;;
>ひろっち~
よく聴いた?過去形?
σ(○'ω'○)は今でもジュリーの聴いたり、大野さんバージョンの聴いたり
他にも土曜ワイド劇場「終着駅シリーズ」も担当してるべ
>トコリ~ン
音楽が大野さんじゃなかったら、見てなかったのよ~
CD発見したのは、実に放映2年後
なので、初めの方はレンタルDVDでチェックしました

管理者のみに表示

トラックバック