千手観音像の数に圧倒されて

用事があったので、あんまり時間がなかったんですけど、
京都までドライブしてきました
途中、三十三間堂を見つけたので入ることに
で、久々にお勉強しましょう
ちょっくら拝借してきました
興味ある方は・・・イルカの曲芸?


本堂の内陣の柱間が三十三あるために三十三間堂と呼ばれていますが、正式には蓮華王院という名の天台宗の寺院です。もともとは後白河上皇の離宮・法住寺殿の広大な敷地の一角にあり、長寛2年(1164)後白河上皇が平清盛に命じて造らせたものです。周囲には五重の搭や不動堂などを従えて偉容を誇っていましたが、 度重なる震災ですべてを損失、現在残っている本堂は文永3年(1266)に再建されたものです。

三十三間堂の見どころは、長大な堂内をびっしりと埋め尽くすようにして立つ千手観音像です。写真でご紹介できないのが残念ですが、本像の千手観音坐像(国宝)を中心に、左右に10段50列で500体ずつ千手観音立像が整然と並んでいる様は圧巻です。この1001体の観音像、正しくは「十一面千手千眼観世音菩薩」といい、頭上には11のお顔をつけ、両脇には40本の手を持ち、1本の手が25種類の世界で救いの働きをし、40を25倍して「千手」を表しています。千一体の観音像は、仰いだ角度のままひとりでに一つのこらず拝めるように安置されており、その中には、会いたいと願う人の顔が必ずあると伝えられています。
◇柳のお加持◇
正月の初水をご本尊の霊力にて七日間ご祈祷し、霊木とされる柳の枝でこの法水を参拝者に灌いでお加持する法要で、後白河上皇の頭痛平癒にあやかる霊験あらたかな行事です。


修学旅行(?)で学生さん達が大勢いました
結構カップルもいたし・・・
本堂の千手観音像の多さにビックリ
中心に位置してた四天王像は圧巻でした
いっぺん行って見てみて~
スポンサーサイト

コメント

へー。。。
すごいねー 
こうゆうのも 書くのねー

って 3分の1しか 読んでません!w
(正直です)
三十三間堂
成人式の時に新成人が弓矢を打ってるところではなかったっけ?

まだ、行ったことはないのですが。機会があればいつか。(^_^)
>きみみさ~ん
書くというより、とある場所から拝借したのよ
σ(○'ω'○)も3分の1だけしか・・・
>ひろっち~
そうです
弓矢を打ってるところです
さすがひろっち
めっちゃなつかし~^^
>会いたいと願う人の顔が必ずあると伝えられています

三十三間堂ね、中学の修学旅行の時に行きましたよ。探しましたよ、自分の顔とか・・・・ あれから何回か京都に行っていますが、三十三間堂には行ってませんね。久々に、自分の顔でも見つけに行くかな?
>仁さ~ん
探した?そうなんや~
σ(○'ω'○)はあの数に圧倒されっぱなしでした
京都っていっても、いっぱいあちこち行きたいからね~
ぜひタクシーを利用してくんさい
高いかな?

管理者のみに表示

トラックバック

三十三間堂山号 =妙法院所属の仏堂につき山号はなし|宗派 =天台宗|本尊 =千手観音|創建年 =長寛2年(1165年)|開基 =後白河上皇|正式名 = 妙法院の一部。建物の正式名称は蓮華王院本堂|別称 =|札所等 =洛陽三十三所観音霊場第17番|文化財 =本堂他(国宝)太閤塀他(重要文化