職安の職員が来社したでござる

何をしに来たかと言うとこの前、電話でお断りした40後半の人が
電話で断られた旨を職安に抗議したと、うちの会社にわざわざ伝えに来ました
年齢制限が記載されていないのに、なんで断られる事があるんだ?と
記事「求人には年齢制限があるでござる」にもあるように、40代後半もキツイのです
そういう理由で職安の職員に担当者が逆抗議したら、
もう「いやはやなんとも」状態
正直、国の方針がそのまま中小企業に反映するはずがない現実
政治家は現実から目を背け、夢ばかり求めても仕方ないでしょう

という事で、何も記載していない無条件状態から、
「未経験、35才ぐらいまで」
という条件付きの募集要項を再び提出したようです

できるなら最初から言えばいいものを、ナゼ遠回りしたww
わかりま千円
スポンサーサイト

コメント

そりゃあ・・・
その人は怒りたくもなるかもな?
一気に35歳とか、酷すぎ。w
事務の人も無知ですわ
雇用対策法で年齢制限つけちゃ駄目!となったのは数年前。
でも、現実はある程度の年齢制限が必要となってしまう業種も当然
あるわけで、そのために 「 トライアル雇用 」ってのがあるだ~よ。
( 人手不足の中小企業では、今やトライアルは当たり前っすよ~。)

トライアル雇用でも中高年(45歳以上)、若年者(45歳以下)など
一応は年齢制限がつけられて、トライアルなので試用期間中に能力の
有無を見分け、駄目だと思えば解雇が出来るし、問題なければ本採用と
することも出来るけど、採用する事で事業主には一人に対し月額4万の
奨励金が支給されるから、余程酷い扱いをしない限りはクレームには
ならないだよ。( 奨励金は試用期間の3ヶ月間支給される。)

※応募してくる人もトライアルである事を承知した上で応募してくるから
本採用にならないとなれば、そこで諦めて次探すからね。

未経験で35歳ぐらいまでで募集かけるのと、トライアルで経験者優遇
未経験も可にして、業務内容に裁断?のなんちゃらかんちゃら説明書いておいた方が
良い人材が確保できるように思えるけどなぁ。それに未経験者の若造に
一から技術を教えるよりも、経験ある中高年に教える方がまだ即戦力になる。
っつーか、働いてしまえば年齢なんて関係なくね~?と思うけどね。

年齢云々気にするのは雇用側だけで、職を探している人たちは
そんな事一切気にしていないと思うけどな~。
断裁は一度見ただけですが、参考までに、断裁に必要な知識とは何でしょうか?
>おかしゅう
もちろん決めたのは、うちの担当者じゃなくて職安の人ね
>まりあっち~
トライアル雇用の事は知ってるだぁよ
でもうちの担当者曰く、
「年齢制限がないと極端な話、60才手前の人が応募してもおかしくない」
「トライアル雇用は知ってるけど、そういう人を3ヵ月も雇うのは時間の無駄遣いでは?」
だから職安の人が「いやはやなんとも」と

それは確かに言えてるなぁ~と感心してしまいました
社員の平均年齢がどんどん上がってるので
>たぬきさ~ん
必要な知識?
工場の人から言わせると、数字に強いのは基本(中学生並でOK)
一応サンプルはあるけど、手先の器用さ(センス)がないと無理だそうです
いわゆる職人タイプね

管理者のみに表示

トラックバック